教祖Blog in Notos

大航海時代・Notos鯖での教祖な日々を適当に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

PK回避講座

最近ではイスパの聖地、カリブをはじめ、各地で海賊が出没しているようで
かなり物騒な時代になってまいりました。

そこで、今回はいままでPK被害0の私が、現役PKの意見も取り入れて、
PK回避の極意を勝手にレクチャー!


船編


・船員60名以上が望ましい
  →船員は多いほど拿捕されにくくなります。
   1回の突撃で30名ほど削られることがあるので、できれば60名ほどは乗せて移動したいところです。

・船尾砲をつけるべし
  →背後から直線的に追ってくるPKにはコレ。
   船首クリティカルを出せれば相手の動きが止まるので、まず逃げ切れます。

・旋回-の帆はほどほどにすべし
  →旋回-2のフルリグドセイル系は確かに速いのですが、
   戦闘開始からの出だしの速度もかなり下がってしまいます。
   旋回6程度はほしいところです。

・船員の錬度を上げるべし
  →白兵から撤退できる確率がかなり変わります。
   船員の錬度上げはNPC白兵で防御などしてターンを稼ぐと、すぐ上げれます。


アイテム編

・撤収の鐘は必ず持ち歩くべし
  →これだけは必須です!。商人でも、冒険家でも、必ず持ちましょう。
   白兵に入ったら迷わずコレ。
   ”逃げる”とは成功率が全く違います。


スキル編

・見張りすべし
  →危険海域では必須になりつつあります。
   見張り範囲で相手を見つけることが出来れば、まず回避できます。
    (長期航海ではずっと画面を見ていることのほうが辛いのですが・・・。)

・逃走スキルあればベター
  →相手のガレーに漕船+逃走でスタートダッシュされると、かなりの速度で迫られます。
   こちらも出来れば逃走がほしいところです。

・援軍要請を!
  →一見無駄に見えがちな援軍スキル、人通りの多い街周辺で襲われたときなどは、
   使ってみると回りから援軍に来てもらえることがあるかもしれません。
   白兵中でも使えるので、援軍要請書かどちらかを持つのがお勧めです。
    (環境設定→戦闘部外者表示有り にしておいて、周囲の状況が見れるようにしておきましょう。)

・機雷があれば・・・・・!!
  →用心深いPKは機雷発見を使用してくることがありますが、
   機雷を撒くことで逆に進路の妨害効果も期待できます。
   うまくいけば、相手を撃沈することも・・・・!!?


航海中編

・海域が変わったら検索をすべし
  →こまめに検索してみるとベターです。(人が多ければ、海事レベル32↑で検索でもおk)
   知っているPKが検索に引っかかったら、警戒度を上げて進みましょう。

・みんなが通るルートは避けるべし
  →海賊は相手がいてなんぼの商売。船が多く通る航路には、自然と多くのPKが集まります。
   特に危険地帯は、カーヴォすぐ西、アフリカダイヤ産出港周辺、ケープ周辺、インド周辺 辺りでしょうか。
   どうしても通るときは、気をつけて!

・見つけても慌てずにすべし
  →海賊を見つけると、慌てて進路変更をしようとして船の速度を落としてしまう人がいます。
   こうなると、向こうにとっては格好の獲物です。
   慌てずに船の速度が落ちない範囲で回避行動をとりましょう。
   また、正面からまっすぐ向かい合って遭遇した場合、
   そのまま高速で突っ切ると、戦闘可能範囲の関係で海賊からかなり戦闘が仕掛けにくくなります。
   落ち着いて試してみてください。


戦闘に入ったら編


・慌てずに風下へ逃げる
  →海賊には圧倒的にガレーが多いのですが、
   風上に逃げるとガレーの方が速いので、かなり危険です。
   風下へ出来るだけ移動しましょう。

・船の向きを変えずに一直線で逃げるべし
  →途中で船の向きを変えると速度が落ちてしまいます。
   船の向きを変えるのは基本的に始めの一回とし、一直線に逃げましょう。

・逃走まっしぐら!
  →逃走スキルがあれば、それを開始と同時に使ってダッシュを掛けましょう。
   ただし、白兵に入られそうになったら忘れずに逃走を切ってください!
    (逃走のまま白兵に入ると、混乱で白兵されたのと同じになってしまいます。)

・撃沈>>>>>>>>>>拿捕 
  →相手に拿捕されてしまうと、持ち金の8割ほど+所持アイテム一つ+交易品一種類が必ず取られます。
   対して、撃沈ならば交易品が流れるだけで済みます。
   また、拿捕されると船員1になってしまうので、その後の行動も非常に辛くなります。
   相手海賊にとっては撃沈しても悪名が増えるだけで、おいしいことはほとんどありません。

   どうしても逃げ切れそうに無いときは、わざと撃沈されてみるのもいいかもしれません。
   商船にとって、撃沈されるのはある意味勝ちとも言えます。


以上のことに注意していれば、単騎PKからはまず逃げ切れます。

海賊にやられて文句を言う前に、まずしっかりと準備して航海しましょう。
当時の船乗り達は、きっともっと万全の対策と注意を払って航海していたはずですから・・・。




85_15.jpg
▲最近はカリブにも有名PKの皆さんが出没します。
みんな気をつけて・・・・・!!


  1. 2005/08/06(土) 02:16:32|
  2. 大後悔時代
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<T1グランプリ 始まる! | ホーム | 私(´・ω・)カワイソス>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nekokyoudan.blog14.fc2.com/tb.php/88-40cbec69

ELECTRA

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

Recent Entries

Recent Comments


Archives

Category

大航海Blog更新状況

Links

TB People

Search

Banner



アクセス解析転職情報





  • このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。 (C)2005KOEI Co., Ltd. All rights reserved.